トップページ> 法人概要

一般社団法人 自動車再資源化協力機構について

自動車再資源化協力機構は、リサイクル社会のパートナーとして自動車のフロン類、エアバッグ類のリサイクルを円滑に行うための窓口となり地球の環境を守り、循環型社会を推進するお手伝いをしています。

2005年1月1日に施行された「使用済自動車の再資源化等に関する法律」(自動車リサイクル法)により、国内自動車メーカーならびに自動車輸入業者は、法が指定する3物品、カーエアコン用フロンガス類、エアバッグ類ガス発生装置、シュレッダーダスト(自動車破砕残渣)の引取・再資源化(適正処理)が義務付けられました。

メーカー12社と自動車輸入組合は、これら物品のうち、フロン類とエアバッグ類の引取・再資源化を適正、確実かつ効率的に行うため、一元的窓口として2004年1月に当法人を設立しました。

法人名一般社団法人  自動車再資源化協力機構 < 略称:自再協 >
英文名Japan Auto Recycling Partnership
設立2004年1月1日
本社東京都港区芝大門1丁目1番30号日本自動車会館16F
基金3250万円
社員
いすゞ自動車株式会社
東京都品川区南大井6丁目26番1号
スズキ株式会社
静岡県浜松市南区高塚町300番地
ダイハツ工業株式会社
大阪府池田市ダイハツ町1番1号
トヨタ自動車株式会社
愛知県豊田市トヨタ町1番地
日産自動車株式会社
神奈川県横浜市神奈川区宝町2番地
UDトラックス株式会社
埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
日野自動車株式会社
東京都日野市日野台3丁目1番1号
株式会社SUBARU
東京都渋谷区恵比寿1丁目20番8号
本田技研工業株式会社
東京都港区南青山2丁目1番1号
マツダ株式会社
広島県安芸郡府中町新地3番1号
三菱自動車工業株式会社
東京都港区芝5丁目33番8号
三菱ふそうトラック・バス株式会社
神奈川県川崎市幸区鹿島田890-12
日本自動車輸入組合
東京都港区芝3丁目1番15号 芝ボートビル5階
役員
代表理事
岸 雄治(非常勤)
理事(管理部長)
川口 慎一
理事
堂坂 健児(非常勤)
監事
嶋村 高士(非常勤)